2009-12

A・Lotto氏を囲んで - 2009.12.28 Mon



salonduo2009.jpg
Albert Lotto氏を囲んで サロン・デュオにて ( 2009年12月26日)



先月末に、共演させていただいたヴァイオリニストの

中澤きみ子先生にお声をかけていただき、

千駄ヶ谷の日本ヴァイオリン社を訪れました。


Piano:アルバート・ロト氏、Violin:中澤先生,Cello:渡辺氏と

MOZARTのピアノカルテット1番、2番を弾かせていただきました。

合わせて楽しんだという感じです。(僕は緊張の連続)


おいしそうなごちそうがたくさん並び、

ワインをいただきながらの楽しい時間でした。


A・ロト氏とVn若林暢先生のコンサートを京都で弟が聴いたそうです。

”天使の翼をもつピアニスト”といわれる、Albert Lotto氏と

アンサンブルするなど僕にとっては、夢のようなすごい事で、

こういう機会を与えて下さった中澤先生に感謝でいっぱいです。


来春、きみ子先生と

MOZART:ヴァイオリンとヴィオラの為の二重協奏曲

を共演させていただく予定です。

頑張ろう。

Motoki Maruyama

Merry Christmas♪2009-String Trio - 2009.12.26 Sat



20091224e.jpg
アザブハウス 2009年12月24日 Tokyo



Va. 丸山 奏    Vc. 向山大祐   Vn. 丸山 韶



XmasTrio.jpg

christmas2009.jpg


christmas2009w.jpg


azabuhouse2009.jpg
アザブハウス(東京、麻布十番)




☆お店は☆
☆ ☆ ☆ ☆
☆  ☆ ☆ ☆  ☆
オーストリア大使館裏にあり

☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
素敵な
雰囲気のイタリアンレストランです

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
オーナーも
優しい方で、お食事もおいしかったです
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
☆   ☆   ☆   ☆   ☆    ☆    ☆
帰り、SMAPの香取慎吾さんをお見かけしました♪


Merry
Christmas !

Kanade Maruyama

雪のクリスマス・パーティ - 2009.12.18 Fri




NQ.jpg
          
八戸グランドホテルにて (2009年12月15日)




NQ3.jpg



Violin 1:松田拓之  Violin 2:田中晶子  Cello:宮坂拡志  Viola:丸山奏



NQ2.jpg


プログラム

プッチーニ :メヌエット
ハイドン:弦楽四重奏曲「ひばり」
ナット・キング・コール:ザ・クリスマス・ソング
TIME TO SAY GOODBYE (映画「アマルフィ」主題歌)
メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲 第2番
シューマン:トロイメライ    
              


NQ5.jpg

松田さんのトークは
いつもすごくおもしろくてお客様の笑いを誘います



#38634;#26223;#33394;
翌朝 (12月16日)




新幹線内で N響の皆さんと楽しくおしゃべりしているうちに
あっという間に青森の八戸駅に着きました。

演奏前、夕食のフレンチをいただいている時に
粉雪が舞い始め、
本当に素敵なホワイト・クリスマス・パーティーになりました♪

とても楽しくていつまでも弾いていたかったです♪



Kanade Maruyama

ふたご座流星群 - 2009.12.15 Tue

横浜、みなとみらいです。

minatomirai-1.jpg


minatomirai-2.jpg


minatomirai-3.jpg


minatomirai-4.jpg



12月15日、0時を過ぎた頃、弟が帰宅して母とすぐ庭に出ました。

南の空に冬の大三角形がくっきりとてもきれいでした。

その斜め左上、頭上にカストルとポルックスが
やさしく輝いています。

「あっ!」 双子座のしっぽの辺りから現れ、
オリオン座の方向に流れました。

ふたご座流星群、今夜は一つしか見られませんでしたが
とても幸せでした。

(12月15日 02時 記)   Kanade Maruyama



☆追記☆

投影された星空

新宿パークタワーアトリウム 2010年7月5日
photo by Kanade Maruyama


去年(2009年)の12月15日の0時過ぎ頃に私たちが眺めていた星空と
ほぼ星座の位置が同じです。

ふたご座のカストルとポルックスが見えます♪

オリオン座のベテルギウス、こいぬ座のプロキオン、
おおいぬ座の明るく輝くシリウスをつなぐと
正三角形(冬の大三角形)も見えます。
小学生に戻ったようにワクワクしてしまいます♪

新宿パークタワーアトリウムコンサート(2010年7月5日)
に出演し、同じ1階アトリウムでは
「ほしづきよの下で~Starlight Summer~」
というイヴェントがあり星空が投影されました。
その時に撮った写眞です。ラッキーでした♪

☆追記☆

Kanade Maruyama

クリスマスはどちらで? - 2009.12.12 Sat



20091212ent.jpg



街は1年のうちで一番おしゃれをして
クリスマスを待っています




Royal Christmas Party 2009

NQ20091215.jpg

1st Violin : Hiroyuki Matsuda 松田拓之

2nd Violin : Akiko Tanaka   田中晶子

Viola : Kanade Maruyama   丸山 奏 

Cello : Hiroshi Miyasaka  宮坂拡志


♪♪♪♪

Kanade Maruyama

こどものための音楽会・新春コンサート2010  (ご案内) - 2009.12.07 Mon

 

shinsyunC-20100117.jpg

2010年 1月17日(日) 13時開演~17時
神奈川県 川崎市高津市民館 NOCTYホール(ノクティ2-12)
入場料 ¥1000 大人.こども共(3才以下は無料)



     PROGRAM
         
     第1部、第2部 (略)
     第3部 13:30 入賞者による演奏
     第4部 14:30 優勝者による演奏



     ヴァイオリン:中村 文(ひろば賞コンクール第8回優勝) 
     伴奏:浜野基幸
     チャイコフスキー/なつかしい土地の思い出 作品42
     1、瞑想曲 2、スケルツオ 3、メロディ 



     ピアノ : 山口昌子(第12回川崎音楽賞コンクール優勝)
     ドビュッシー/「版画」1、パゴタ  2、グラナダの夕べ  3、雨の庭



     ピアノ:井上春子(第9回川崎音楽賞コンクール優勝)
     グリンカ/ペテルブルグへの別れより 9、ひばり
     スクリャービン/幻想曲 ロ短調 作品28



     ヴィオラ:丸山 奏(ひろば賞コンクール第6回優勝)   
     伴奏:関 葉月 
     丸山 奏/ヴィオラとピアノのための小品集「夜空の神話」より
     1、流れ星をさがしに 2、カストルとポルックス 
     3、ゆらめく星  4、冷たい空  5、風の香り



     ピアノ:佐々木純子(第8回川崎音楽賞コンクール優勝)
     ブラームス/2つのラプソディー作品79 1、ロ短調 2、ト短調



     ピアノ:岩崎能子(第5回川崎音楽賞コンクール優勝)
     スクリャービン/ピアノソナタ第3番 嬰ヘ短調 作品23 
     1、2、3、4 楽章





     ★『川崎音楽賞コンクール』の名称が、
      2002年から『ひろば賞コンクール』に変わりました。


     [交通アクセス]東急田園都市線「溝の口」駅前
             JR南武線「武蔵溝ノ口」駅前

     ★ 3才以下のお子様もご入場いただけますので
      ご家族皆様でどうぞお出かけ下さいませ♪ 


     ★ チケットのお申し込みは丸山 奏までご連絡下さい
      (下の拍手ボタンを押してメッセージをお願い致します)

                     Kanade Maruyama

ピアノと弦による4つの視点 - 2009.12.05 Sat


web#22863;#27005;#22530;
旧東京音楽学校奏楽堂 2009年12月2日 
18:30開演


基本的楽器編成を
ヴィオラ・チェロ・ピアノに特定した4つの新作の演奏会 




1、 岩田 学(Satoshi Iwata)
 White Line

ある音が鳴り響いたとき、その後に来る「余韻」「空間」は、
聴く人にとって、時には安らぎに感じ、時には言われようのない
不安や緊張を持ちます。
1994年に他界した20世紀を代表するアメリカの画家
サム・フランシス氏の作品よりインスピレーションを受け、
今回ピアノの作品としました。     Piano: 岡野勇仁



2、 山本正壽(Masatosi Yamamoto)
  MONOTONOUS 2 for chamber music

マクロに物事を見始めるとそれぞれの個が無機的に見えることがある。
ミクロに物事を見つめると個の有機的な繋がりを発見することがある。
個の存在は本質的には同じはずなのに個が主張をしなければ
様々な見え方をしてしまう。
個はそんなに弱く受動的なものなのだろうか?
彼らもわれわれを見ているはず。

#12514;#12494;#12488;#12490;#12473;4
Viola : 丸山 奏       Cello : 向山大祐




3、 清道洋一(Youichi Kiyomichi)
 「蟹は裏切りのうたを静かにうたう」

固い甲羅で身を覆い2本の鋏まで持つという蟹の過剰なまでの
防御の姿勢。
しかし、その殻で守られた体組織のなんと繊細で、か弱いことか。
繊細で、か弱い体は、そのまま精神の脆弱性、危うさを想起させる。
硬質な音を紡ごうと思った。
殻の下の危うい心をみせぬように。
「裏切りの唄をうたう蟹」は多分、僕自身なのだろう。
しかしそれは何に対する裏切りなのだろう。
少なくとも自分自身に対する裏切りではないことだけは確かである。
2004年より続く、12星座に因んだ名を持つ異なる編成による連作の
6作目。

蟹は・・・
 Va. 丸山 奏   Pf. 岡野勇仁  Vc. 向山大祐   





4、小菅泰雄(Yasuo Kosuge)
 現代能歌劇「松風」 -コンサートスタイルによる-
 MODERN NOH  OPERA ”MATSUKAZE” 1 ACT 2 SCENES



世阿弥が幽玄の世界を描いた第一作です。「松風」は彼自身も上三位
「寵深花風の位」に位置づけています。
幽玄の世界とは、生者が亡霊・精霊と語り合う境地です。
「松風」はその第一作で、当時「熊野・松風と米の飯」と言われるくらい
愛されました。

松風1

藻汐:清水邦子(メゾ・ソプラノ)、小藤:田中直子(ソプラノ)
在原行平:浅水順一(テノール)、僧:杢子淳(バリトン)

前田有文子Fl. 渡邉忠慶Ob. 瀧田奈々子Cl. 松崎義一郎Fg.
本多りべかVn. 桑原麻衣Vn. 丸山 奏Va. 向山大祐Vc. 
高野眞由美Pf.





山本正壽氏と
作曲家 山本正壽さん


山本さんは芸大の先輩です。
楽譜に向山君と私に献呈と記されてあり
大変光栄に思います。

清道洋一さんからも献呈していただきました。
ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


web#22863;#27005;#22530;
旧東京音楽学校奏楽堂 2009年12月2日




『芸大のキャンパス内で朽ち果てようとしていた奏楽堂』

父が学んでいた頃は、奏楽堂の窓ガラスは割れ
ホール内をハトが飛び交っていたそうです。

その歴史的価値(明治23年創建の日本最古の木造の洋式音楽ホール)
を惜しんだ音楽家、芸大の学生たちの「奏楽堂を救う会」と
台東区のご協力により、
奏楽堂は芸大にほど近い上野公園内に昔の姿そのままに移築され、
旧東京音楽学校奏楽堂として甦りました(1987年)。

国の重要文化財に指定されています。


写真提供:進藤裕樹さん

ご来場下さった皆様有り難うございました。

Kanade Maruyama

Gérard Poulet氏、中澤きみ子氏と共演・名器『Gasparo da Salo』を弾いて   - 2009.12.02 Wed




Poulet-K-M.jpg
中澤きみ子先生   ジェラール・プーレ先生   丸山萌音揮

2009年 11月29日
かなっくホール(横浜市神奈川区民文化センター)



ジェラール・プーレ&中澤きみ子 Violin Duo Recital


PROGRAM

ルクレール:2つのヴァイオリンのためのソナタ集より第6番

プロコフィエフ: 2つのヴァイオリンのためのソナタ ハ長調 作品56

ヴィエニャフスキー:エチュードより第1・2・3番

バルトーク:デュオより

ドヴォルザーク:三重奏曲 ハ長調 作品74



Poullet-Kimiko-2009.jpg
Violin : Gérard Poulet     Violin : 中澤きみ子


ドヴォルザーク:Terzetto in C major op.74 


( 姉や弟ともよく弾く大好きな曲です。)

Poulet-Motoki.jpg
Violin : Gérard Poulet    Viola : 丸山萌音揮


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ジェラール・プーレ先生,中澤きみ子先生と共演させていただいて
僕は最高に嬉しかったです。

プーレ先生はフランスのViolinの巨匠と呼ばれイタリア,ジェノヴァでの
パガニーニコンクールで優勝されています。
今年の3月まで芸大の客員招聘教授でした。

プーレ先生、中澤先生お二人とも "ストラディヴァリウス" を
お弾きになり、幸運にも僕は "ガスパロ・ダ・サロ" を
弾かせていただきました。

このViolaは「億は下らない名器」とうかがって、
僕は傷をつけては大変だと気を抜けませんでした。  
       
       
                

ガスパロ・ダ・サロ  Gasparo da Salo

Gasparo-da-Salo.jpg

この楽器はまろやかで不思議な音色がしました。
かなり古く、1500年代に製作されたそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


プーレ先生は気さくな優しい方です。

中澤先生も明るく素敵なViolinistです。

僕は大切な事をたくさん学びました。
共演できた事を光栄に思っています。


名器”Gasparo da Salo"をお貸し下さった
日本ヴァイオリンの社長、そして中澤会長に
心から感謝いたします。



2009-G-M.jpg
Gasparo da Salo を持って

コンサート当日、自宅にて 


ご来場いただきました皆様ありがとうございました。
Motoki Maruyama

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

KMS Strings

Author:KMS Strings
☆ ☆ ☆


Violist
丸山 奏  Kanade Maruyama
東京藝術大学 卒業 
Tokyo University of the Arts 
日本センチュリー交響楽団
首席ヴィオラ奏者
Japan Century Symphony Orchestra


Violist
丸山 萌音揮  Motoki Maruyama
東京藝術大学 卒業
Tokyo University of the Arts
オーケストラアンサンブル金沢
ヴィオラ奏者
Orchestra Ensemble Kanazawa

  
Violinist
丸山 韶  Sho Maruyama
京都市立芸術大学卒業
Kyoto City University of Arts
東京藝術大学別科修了
Tokyo University of the Arts

ヴァイオリン奏者
古楽オーケストラ
ラ・ムジカ・コッラーナ主宰
La Musica Collana

最新記事

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets

フリーエリア